{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/8

南仏発、soandso シルバーリング ビーユ

37,400 JPY

About shipping cost

  • シルバー

    Last 1

  • オキシデ

    Last 1

  • ゴールド

    Last 1

フランス語でBillesービー玉という名は、細かい粒をちりばめたデザインから。 光にかざすと泉から湧いて出る水の泡のようにも見えます。 陰影のある落ち着いた輝きはシルバー特有のもの。古より現代まで常に愛された素材ならではの存在感です。 銀本来の色、シルバーに加えて、ヴェルメイユ加工を施したゴールド、銀に酸化加工を施した黒いオキシデの三色があります。 ◎ ヴェルメイユ(vermeille)とは、銀の上に金を貼付ける特殊加工のことで、溶かした金につけたり、ふきつけたりメッキ加工や、加工する金属の約1/20の重量の金を使って熱で圧着させるゴールドフィルドとは異なり、そも仕上がり、持ちの良さに定評があります。 素材:スターリングシルバー、ヴェルメイユ加工のゴールドは金 色:シルバー、ゴールド、オキシデ(黒) サイズ:54 生産国;フランス、エクサンプロヴァンス ◎ ブランドのご紹介 so'andsoは、南仏在住のクリエイター、ソフィー・ピニョデルによって2007年に創設されたフレンチブランドです。彼女がデザインするスターリングシルバーを素材としたジュエリーは、南仏地方に点在する岩山や、ローマ時代から人々の喉を潤してきたとされる古い泉の水など、豊かな自然と壮大な歴史を背景に、味わいのある深い輝きが特徴です。

Sale Items